RENOVATION, RENOVATION - MANSION

家の寒さ対策~寒い冬こそヒートショックに気を付けよう~

最近特に注目されているヒートショック。

暖かい部屋から冷えた脱衣所や浴室、トイレに移動する時、急激な寒暖差によって血管が縮んで血圧が急上昇する、ヒートショックという現象が起こることがあります。

血管や心臓は急激な温度変化による負担に弱いものです。ただでさえ気温が低下して血圧が上がりやすいこの時期、冬の過ごし方があなたの血管への負担をさらに大きくしてしまうのです。

対策①浴室を暖める

対策②熱いお湯に入らない

対策③家全体の暖房を効かせすぎない

 

①は浴室暖房機がある方はそれを利用する(カワック等)

ない方は、入浴前に浴室内をシャワーのお湯で一回暖めておく事をお勧めします。

②冬だから熱いお湯にゆっくり浸かりたいのはよ~く分かるのですが、色々調べてみたら熱すぎる湯船に入るのも良くないようです。何℃って決まってる訳ではないですが、高くても41~42℃までが良いようです。

③は意外だったのですが、リビングなどが温まり過ぎていると、ふと部屋を出たときなどに、ヒートショックに襲われる可能性が高まるとの事。部屋の温度は20~25℃くらいにしましょう。

 

日頃の生活の中で、血管に負担をかけている状況が無いか、意識してみて下さい。

そして、なるべく家の中の温度差を少なくすることを心がけて

まだまだ寒い冬が続きますが、体調管理に気を付けてお過ごし下さい。

 

 

 

大阪・兵庫でのデザインリフォーム・リノベーションは一度グラデンへご相談ください。大阪、北摂、豊中市、池田市、吹田市、箕面市、高槻市、茨木市、京阪神、宝塚市、川西市、神戸市、西宮市、芦屋市をメインエリアにマンション、戸建てに関わらず柔軟にご対応させて頂きます。

また、間取り変更が難しいとされるツーバイフォーの施工実績やモールディングを使ったリノベーション・リフォームもたくさんございます。

新築のコーディネートもさせて頂いております。詳しくは一度お問い合わせください。

子育て世代やディンクスの方、海外で経験した暮らしを実現したい方、趣味をあきらめることなく生活に取り入れたい方、・・・

まずはあなたのお話をお聞かせください。

GLADDEN

2017-01-23 | Posted in RENOVATION, RENOVATION - MANSION