RENOVATION

ロフト付き住宅について

ロフト付きの住まいについてご紹介致します。

 

夏はサウナ状態!?ロフト付き住宅のメリット・デメリット

ロフトとは部屋の一部を二層式にし、ハシゴを使用して出入りする空間のことです。

ロフトは法律上「小屋裏収納」と呼ばれており、居住スペースの床面積にはカウントされません。ロフトの天井が低い理由は、建築基準法により「小屋裏収納の高さは1.4mまで」と定められています。
それでは、ロフト付き物件のメリットとデメリットを確認してみましょう。

ロフト付きのメリット

居室全体の天井が高くて開放感がある

収納を広く確保できる

部屋がひとつ増える

 

ロフト付きのデメリット

夏場はとにかく暑い

エアコンの効率が悪い

ハシゴの昇り降りが不便・不安

上の階の生活音が気になる場合もある

ロフトに収納した物の死蔵化

 

 

ロフト付き物件に住みたいと考えるなら、ロフトをどう活用したいかを具体的に確認してみるといいですね。

ロフト付きのお住まいをご検討されている方は、お気軽にご相談下さい。

グラデンでは女性の暮らしやすいリノベーションをご提案させて頂きます。

 

大阪・兵庫でのデザインリフォーム・リノベーションは一度グラデンへご相談ください。大阪、北摂、豊中市、池田市、吹田市、箕面市、高槻市、茨木市、京阪神、宝塚市、川西市、神戸市、西宮市、芦屋市をメインエリアにマンション、戸建てに関わらず柔軟にご対応させて頂きます。

中古マンション、賃貸物件の改装、団地リノベや新築分譲マンションのコーディネートなど、リフォームやリノベーションに関わることでしたら何でもご相談ください。

また、間取り変更が難しいとされる2×4(ツーバイフォー)の施工実績やモールディングを使ったデザインリフォーム・リノベーションもたくさんございます。

詳しくは一度お問い合わせください。

子育て世代やディンクスの方、海外風の暮らしを実現したい方や、趣味をあきらめることなく生活に取り入れたい方、・・・

まずはあなたのお話をお聞かせください。

GLADDEN

2018-07-18 | Posted in RENOVATION